恨みが消えた!殺意が消えた!

恨み辛みは消せる 殺意は消せる そんなこと本当にできるのです。私自身、以前は恨み辛みの塊で、おまけに強烈な殺意まで抱いていました。そんな私だったのですが、本当の自分に目覚めることで、すっかりと消えてなくなったのです。この体験を多くの人に伝え、彷徨える人の心を助けるべく、ブログを始めました。

許され生かされている

私たちは許され、生かされています

 

 

 

たとえどんな人間であっても

 

たとえ今がどんな状態であっても

 

 

 

 

地球上に存在しているものすべて

 

 

存在することを許されているのです

 

 

そして生かされているのです

 

 

 

地球は、誰ひとり存在することを否定しない

 

 

 

受け入れて、生かしてくれているのです

 

 

 

受け入れ、そして生かす

 

 

 

それが、愛

 

 

 

地球上に存在する私たちは、愛されているのです

 

 

 

もう十分、私たちは愛されているのです

 

 

 

許され、受け入れて、生かしてくれているのです

 

 

 

 

それだけで十分ではないですか

 

 

 

 

私たちは、許され、生かされ、愛されているのです

 

 

偉大なる、この大宇宙から

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

今週末はセミナー

毎月第1日曜日に定例開催しているセミナー

 

いよいよ今週末の開催です!

 

f:id:yamagishi-nippon:20170509231832j:plain

後になってみないと分からない

私たちは今現在の状況に固執してしまいます

 

 

 

今、最高!

 

今、最低!

 

 

今日はいい日だ

 

今日はアンラッキー

 

 

 

 

こんな感じで、毎日を過ごしてはいないでしょうか

 

 

 

 

 

人生はいい方向にしか向かっていません

 

宇宙の法則に従いさえすれば

 

 

人生の最後は、ハッピーエンド

 

宇宙の法則に逆らいさえしなければ

 

 

 

 

たとえ、今が最悪な状況にあったとしても

 

絶望的であったとしても

 

 

最後はハッピーエンド

 

 

 

 

人生はいい方向にしか向かっていない

 

これが答え

 

 

 

答えが先に分かっていれば、問題はなくなります

 

 

今現在の状況に固執しないこと

 

 

 

 

今が最悪であったとしても、その理由は後から分かるのです

 

 

 

 

今、絶望的であったとしても、

 

その経験は自分の人生に必要不可欠だった

 

と、後から分かるのです

 

 

 

 

後にならないと、理由は分からないのです

 

 

 

 

今に固執しない!

 

たとえ今がどんな状況であろうとも

 

 

 

 

 

「人生の最後はハッピーエンド」

 

「人生はいい方向にしか向かっていない」

 

 

これを前提として生きてみたらどうでしょうか?

 

きっと、心軽やかに生きられると思います!

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

人生は設計図の通りに展開する12

いよいよこの世界はドン詰まり

 

 

もはや限界

 

 

 

こう感じているのは私だけでしょうか?

 

 

 

 

もううんざりです

 

 

因縁の通りの展開は

 

 

 

 

今こそ、原因と結果の繰り返し

因果の流転から脱却するときなのです

 

 

 

 

 

設計図を書き換え、新しい人類の歴史を作りたい

 

 

 

 

私の強い願いです

 

 

 

 

ずっと探し求めていた

 

 

 

 

やっと、見つかった

 

これが私の偽らざる気持ちです

 

 

 

 

私はこれに賭けます

 

 

 

設計図の書き換えに

 

因縁切りに

 

 

 

 

神意識の覚醒

 

 

私はこの世に拡めます

 

 

生ある限り

 

 

 

世界を、そして人類の歴史を変える、

唯一の方法と判断したから

 

 

人生は設計図の通りに展開する(完)

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

人生は設計図の通りに展開する11

急がねばならない

 

残された時間はそれほどないから

 

 

 

人類は、世界は、今、微妙な段階を迎えています

 

 

 

このまま因果の法則に従って、同じことを繰り返すのか

 

あるいは、設計図を書き換えて、因縁を断ち切るのか

 

 

 

今、分岐点に差し掛かっているのです

 

 

 

どちらに進むか、五分五分です

 

 

 

 

人類の歴史は戦争の歴史

 

戦争の因縁を持っているのです

 

 

 

因縁に従えば、戦争

 

第3次世界大戦かもしれない

 

 

もし勃発したら今度こそ、地球人類は、THE END

 

 

 

 

因縁の通りに、戦争を望みますか?

 

それとも、設計図を書き換えて、平和な世界を築きますか?

 

 

 

 

人類は、どちらでも自由に選択できるのです

 

 

 

神は何も言いません

滅亡に向かっても止めてくれません

 

 

地球人類がどうなろうと、神には関係のないことなのです

 

 

 

 

全ては人間次第

 

私たち次第なのです

 

 

 

 

私たち一人ひとりが神に覚醒することで、世界規模で因縁を切ることができるのです

 

 

世界規模で設計図を書き換えることができるのです

 

 

 

 

決して、ちっぽけな存在ではないのです

 

私たちは

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

人生は設計図の通りに展開する10

神の覚醒

 

 

神は自分の中に在る

 

 

 

宗教は、外に向けて神を求めます

 

 

 

でも、宗教をやっていて本当に救われた人が、一体何人いるのか?

 

 

 

私が知る限りでは、ほとんどいません

 

 

 

洗脳されて、救われたと思い込んでいるだけの人間はいますが

 

 

 

因縁の正体さえも分からない宗教が、どうやって人を救うのか?

 

 

 

単なる騙しです

 

 

 

では、何故、宗教はダメなのか?

 

 

 

 

宗教は外に向けて神を求める、と書きました

 

 

 

 

人間が神を捉えようとする場合、人間の心を通して捉えようとするわけです

 

 

 

 

実はこれが問題なのです

 

 

 

 

何が問題か?

 

 

 

人間の心、その中身は過去の記憶、業・カルマだと書きました

 

 

 

 

つまり、人間の心を通じて神を捉えるとは、業・カルマというフィルターを通して捉えるということなのです

 

 

 

業・カルマは歪んでいます

 

 

歪んだフィルターを通したら、真っ直ぐなものまで歪んで見えます

 

 

 

 

宗教はこれをやっているのです

 

 

 

業・カルマのフィルターを通して、神を捉えているのです

 

 

 

つまり、宗教の神は、業・カルマの神

 

ニセ神なのです

 

 

 

ニセ神では救われません

 

 

 

 

宗教はこのことに気付いていないのです

 

 

 

 

もう、ニセ神を拝むのは止めるべきなのです

 

 

 

 

神は内に在る

 

 

内なる神を求め、内なる神に覚醒するのです

 

 

 

 

設計図を書き換えて、実際に因縁を切って、人生を、未来を変えてこそ本物なのです

 

 

 

 

今こそ神の覚醒のとき

 

 

私たちに残された時間は、意外と少ない

 

急がねばならないのです

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

満月の法則

満月の法則

 

 

人生は設計図の通りに展開する9

では、一番奥深いところにある心の層とは

 

 

因縁を切るカギとなるものとは

 

 

 

これは、人間の心とは別物

 

 

 

仏教では、「真我」といいます

 

神意識

宇宙意識

内なる神

 

ともいいます

 

 

人には神性があると言われていますが、神性とは真我のことです

 

 

 

では、因縁を切るのと真我と、どういう関係があるのか

 

 

 

因縁とは、因+縁です

 

過去の記憶+環境(外界の刺激)です

 

過去の記憶=設計図です

 

 

 

因縁を切るとは、過去の記憶=設計図の書き換えです

 

 

 

過去の記憶とは、過去の出来事そのものではなく、その出来事の捉え方だと書きました

 

 

 

捉え方を変えれば過去の記憶が変わるわけです

 

 

 

顕在意識の判断基準は、損か得か

 

潜在意識の判断基準は、好きか嫌いか

 

と書きました

 

 

 

では、真我の判断基準は?

 

 

愛と感謝です

 

 

判断基準が全く違うのです

 

 

 

真我の意識が出てくると、判断基準が愛と感謝になるのです

 

 

 

判断基準が変わるからこそ、捉え方が自然と変わるのです

 

 

 

捉え方が変わることで過去の記憶が変わり、その結果、因が変わるのです

 

 

 

因が変わることで、因縁が切れるのです

 

 

 

どんな因縁であっても、真我の意識が出てくれば切ることができるのです

 

 

 

真我の意識が出る

これを真我の覚醒といいます

 

 

真我の覚醒とは、宇宙意識の覚醒、神意識の覚醒

 

 

つまり、自分の中の神の覚醒なのです

 

 

 

神だからこそ、因縁を切ることができるわけです

 

 

 

因縁を切る

 

人間ではできないのです

 

人間の英知を結集したところで、できないのです

 

 

 

神の覚醒

 

世界を変えることができる唯一の方法なのです

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

人生は設計図の通りに展開する8

 

間違いなく誰にでもあります

 

心の存在しない人など、一人もいません

 

 

「心ない」と言われる人はいますが、心そのものがないわけではありません

 

 

 

では、心はどのような構造になっているのか

 

 

 

これだけテクノロジーが進歩しているのに、心のことになるとさっぱり

 

明快に答えられる人はまずいません

 

 

 

やはり、精神世界は遅れているのです

 

 

 

テクノロジーより、心のほうがはるかに重要なのに

 

 

 

心が蔑ろにされている証拠

 

だから、現代社会は心病んでいる人でいっぱい

 

著しく進歩したテクノロジーと、進歩のない精神世界とのアンバランスが大きな原因なのです

 

 

 

 

では、心の構造とは

 

 

 

人間の心は、大きく分けると3つの層から成っています

 

 

 

 

まずは、顕在意識の層があります

 

思考の部分です

 

 

「意識」とも呼ばれています

 

 

 

顕在意識の判断基準は、打算

 

つまり、損か得かです

 

 

 

 

この顕在意識の下には潜在意識の層があります

 

「無意識」と呼ばれる部分です

 

 

 

この潜在意識の中身

 

それこそが過去の記憶なのです

 

 

膨大な量の過去の記憶が蓄積されているのです

 

 

頭では完全に忘れたことも、潜在意識の中にはしっかりと蓄積されていて、何一つ忘れていないのです

 

 

 

この中には、先祖代々の記憶が、遺伝子の記憶という形で蓄積されています

 

そして、これのことを業・カルマと呼んでいるのです

 

 

 

この潜在意識の判断基準は、好きか嫌いか、です

 

 

 

深層心理とか、集合的無意識、全体意識と呼ばれるものも、潜在意識の層の中にあります

 

 

 

 

 

ここまでは、世間で知られているところです

 

 

 

でも、心にはもう1つの層があるのです

 

 

 

潜在意識の、更に奥深いところに

 

もう1つの層があるのです

 

 

 

 

顕在意識とも、潜在意識とも、

全く異なる層があるのです

 

 

 

 

これこそが、因縁の因にあたるもの、つまり、設計図を書き換えるための鍵なのです

 

 

 

 

これまで長い間、人類が苦しめられてきた因縁

 

何とかしようと試みてきた因縁

 

 

 

それを断ち切ることができる鍵なのです

 

 

 

続きはまた次回・・・

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

 

人生は設計図の通りに展開する7

人の人生の設計図になっているもの

 

それは、過去の記憶と書きました

 

 

 

設計図を書き換えない限り、設計図の通りに人生は展開します

 

 

 

それを因縁とかいいます

 

 

 

因縁に従って人生は展開する

 

つまり、私たちは自らの因縁に振り回されているのです

 

 

 

昔から、聖人と呼ばれる人たちは、

この因縁を何とかしようとしてきたのです

 

 

でも、どうにもならないまま現代に至っているのです

 

 

 

世界を見渡していると、

 

戦争

犯罪

貧困

病気

環境破壊

 

暗いものばかり

 

 

 

いよいよこの世はドンづまり

 

こう思うのは私だけでしょうか?

 

 

 

でも、これでいいのです!

 

 

 

悩み苦しみ辛さ

 

これが真剣に人生を考える衝動となるからです

 

一体自分の人生は何なのか

自分が生まれてきた目的は何か

どう生きるべきなのか

 

 

真剣に考えさせられます

 

 

 

では、持って生まれた因縁をどうすればいいのか

 

設計図を書き換えるにはどうすればいいのか

 

過去の記憶を書き換えるにはどうすればいいのか

 

 

 

過去の記憶とは、

過去に起こった出来事ではなく、その出来事をどう捉えたか、その捉え方なのです

 

 

 

つまり、捉え方を変えれば、過去の記憶は書き換わるのです

 

では、捉え方を変えるにはどうすればいいのか

 

 

 

物事は、様々な角度から見ることができます

 

 

例えば、パソコンにしてもスマホにしても

 

正面から見ることもできますし

横から見ることもできますし

裏側から見ることもできます

 

 

つまり、捉え方を変えるとは、見る角度を変えることなのです

 

 

では、どうすればいいのか

 

 

 

これを説明するにはまず、私たち人間の心がどのような構造になっているのかを知る必要があります

 

 

 

私たちの心は、大きく分けて3層から成り立っています

 

 

続きはまた次回・・・

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

人生は設計図の通りに展開する6

業・カルマは過去の記憶

 

 

そして、過去の記憶が設計図となり、そこに縁が加わることで、設計図が動き出し設計図の通りに人生が展開する

 

 

過去の記憶が因

人との出会いなど、外からの刺激が縁

 

この2つを合わせて因縁

 

 

 

因縁をどうすることもできず、これまで人は、定めに従うかのように、押し流されるような人生を送ってきたわけです

 

 

 

業深い故に

どうすることもできない

 

自分の人生を呪うしかない

 

 

こう、諦めるしかなかったのです

 

 

 

過去の記憶は遺伝子の記憶として

親から子、子から孫へと引き継がれます

 

原因と結果の法則に従って

 

 

そして、同じことを繰り返すのです

 

子供の虐待はまさにこれ

 

 

 

人類の歴史も同じく

 

 

歴史が繰り返すのは、

 

原因と結果の法則だから

 

 

人類が愚かで、歴史から何も学ばないのではなく、法則なのです

 

 

 

因縁をどうにかするには、過去の記憶である因を書き換えるしかないのです

 

 

 

過去の記憶を書き換える?

 

 

 

そんなこと、できるのです!

 

 

続きはまた次回・・・ 

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

人生は設計図の通りに展開する5

この世とあの世

 

宗教は満足に説明できません

 

 

 

自分の教団の教えを信じれば、あの世で天国に行ける

 

 

統一協会ではこのような大嘘を教えていました

 

 

 

では、何が嘘か?

 

 

 

この世とあの世について説明します

 

 

この世とは、言うまでもなくこの物質世界

 

3次元の世界です

 

 

 

そして、あの世とは、心の世界

 

4次元から上の世界です

 

 

 

 

この世とあの世の関係は、

 

 

映画に例えれば、フィルムとスクリーン

 

 

あの世がフィルムで、この世がスクリーンです

 

あの世が本体で、この世は単なる映像なのです

 

 

つまり、この世とあの世は同じなのです

 

 

フィルムとスクリーンですから

 

 

 

だから、この世が地獄ならあの世も地獄

 

いや、あの世が地獄だからこの世も地獄なのです

 

 

 

この世が地獄でも宗教を信じれば、あの世では天国に行ける

 

そのようなことはありえないのです

 

 

これが、宗教の教えが大嘘だと言う理由なのです

 

 

 

 

あの世が本体でこの世は映像

 

そして、あの世は心の世界で、この世は物質世界

 

 

 

 

私たち人間は、心と体の両方を持っています

 

つまり、私たちは、この世とあの世に同時にいるのです

 

 

 

では、この世を天国にするにはどうすればいいのか?

 

 

 

それは、心次第です

 

 

私たちの心を天国にすれば、この世は天国になるのです

 

 

宗教を信じることではないのです

 

 

続きはまた次回・・・

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

 

 

人生は設計図の通りに展開する4

人生の設計図を因といい、その中身は潜在意識の中に蓄積された過去の記憶だと書きました

 

 

この潜在意識の中の過去の記憶を、業・カルマといいます

 

 

そして、大抵の場合、設計図の通りに展開する人生に対し、どうすることもできないと思って諦める、と書きました

 

 

これが、自分の業だと・・・

 

深い業故にどうにもならないと・・・

 

 

 

これまで、私たちの先祖を含めた先人たちは、これをどうにかしようと、色々なことを試してきました

 

 

座禅を組んだり

瞑想したり

滝に打たれてみたり

断食したり

 

 

 

でも、なかなか成果が出ない

 

 

 

科学は驚異的に進歩したのに、精神世界は2000年前と大して変わらない

 

つまり、精神世界はそれだけ遅れているのです

 

 

 

本来、心を取り扱う役目を持っているのは宗教のはず

 

 

 

でも、実際のところ、宗教は役に立っていない

それどころか、害になっている

 

 

 

私は若い頃、統一協会という有名な悪徳宗教に騙されて引きずり込まれ、洗脳されたことがあります

 

 

 

こういう経験があるからこそ、言い切れるのです

 

 

 

信じる者は救われる

 

 

本当か?

 

 

 

宗教をやっている人間を見ていると、とても貧相な顔をしているし、物質的に貧しい

 

そして、人相がおかしい

特に目つきがおかしい

 

 

面白いことに、宗旨宗派に関係なく、宗教の信者は皆同じ目をしています

独特な、おかしな目つきをしています

 

 

 

だから私は、目を見れば一瞬で宗教だと気付きます

 

 

 

 

宗教やっている連中は

 

 

疲れているし、幸せそうな顔をしていないし、貧しいし

 

 

 

救われていないのです

 

 

 

騙しているだけなのです

 

 

 

 

統一協会ですと、

 

入信すれば自動的に救われる

この世が地獄でも、あの世に行けば自動的に天国に入れる

だから信じることが重要

教団から離れないことが重要

 

と、教えています

 

 

 

この世とあの世のことを何も知らないから、こんな嘘を言うのです

 

 

 

宗教では人は救われないのです

 

 

 

何故なら、人を救うには、その人が持って生まれた設計図を書き換える必要があるからです

 

 

 

宗教をどれだけ信じても、設計図は変わらないのです

 

というより、宗教は、変える術さえも持ち合わせていないのです

 

 

 

その証拠に、設計図の正体さえも説明できない

この世とあの世のことも説明できない

 

 

 

続きはまた次回・・・

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

人生は設計図の通りに展開する3

では、人の場合、因縁とは?

 

 

因とは、設計図

 

 

具体的に言うと、膨大な量の過去の記憶

 

過去の記憶とは、

 

先祖代々継承される遺伝子の記憶

 

前世の記憶

 

これらがその大半を占めます

 

 

それに加えて、生まれてからこれまでの記憶

 

生まれてからの記憶には、お母さんのお腹の中にいたときの記憶も含まれます

 

 

 

これら過去の記憶は、全部、私たちの潜在意識の中に蓄積されています

 

 

よって、自分でも分からない部分が相当あるのです

 

 

 

これが設計図となるのです

 

 

 

そして、縁とは

環境です

 

人との関わりを含めた環境です

 

 

 

どのような人と出会ってどのような影響を受けたか

どんな環境の中で過ごしたか

 

 

これが縁となります

 

 

 

設計図と環境が合わさったとき、因縁となり、表に現われます

 

 

 

設計図だけでは表に現れないのです

 

 

 

例えるなら、DVDとDVDプレーヤーです

 

 

DVDだけでは映像は現れない

 

DVDプレーヤーにかけることで初めて映像が現れる

 

 

 

これと同じです

 

 

 

因縁が現れたとき、人は自らの因縁に翻弄されます

 

 

そして、因縁の通りに人生が展開し、因縁の通りに人生を終えるのです

 

 

 

 

では、最初から人生は決まっているではないか!

 

 

ロクでもない因縁を持って生まれたならば、ロクでもない人生を送るしかないではないか!

 

 

これでは、人生に希望はありません

 

 

大抵の場合、これが運命と思って諦めるのです

 

 

今までは

 

 

続きはまた次回・・・

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

 

人生は設計図の通りに展開する2

私たちは、原因と結果の法則の影響を受けます

 

 

 

原因と結果の法則は、宇宙の法則の1つ

 

 

 

宇宙の中にいる限り、この法則から逃れることはできないのです

 

 

 

人は、生まれながらにして設計図を持っている

そして、設計図の通りに人生は展開する

と、前回書きました

 

 

 

 

設計図の中には、誕生から結末まで、全て入っています

 

 

 

設計図は因ともいいます

 

 

 

 

しかし、設計図は、そのままでは具現化しません

 

 

 

設計図を具現化させるのに必要なものがあります

 

 

 

それが、縁

 

 

 

 

分かりにくいと思いますので、植物に例えてみます

 

 

 

 

ここにバラの種があったとします 

 

 

 

バラの種からはバラの花が咲きます

 

 

バラの花からひまわりの花が咲くことはありません

 

 

これが原因と結果

 

種が原因、花が結果

 

 

 

 でも、この種を机の上に置いておいても、花は咲きません

 

 

原因があるのに、結果が生じないのです

 

 

 

それは何故か?

 

 

土との出会いがないからです

 

 

種と土とが出会うことで花が咲くのです

 

 

この土との出会いが、縁です

 

 

そしてこの縁によって、結果が異なってきます

 

 

豊かな土と出会うのと、痩せた土と出会うのとでは、結果が異なってくるのです

 

 

 

種と土との関係で、結果が異なってくるのです

 

 

この種に当たるのが、因

 

土に当たるのが、縁

 

 

 

種と土を合わせて、因縁です

 

 

 

では、これを人に置き換えるとどうなるか?

 

 

続きはまた次回・・・

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

 

 

人生は設計図の通りに展開する1

私たちは、設計図を持って生まれます

 

 

 

設計図とは何か?

 

 

 

設計図とは、目に見える部分でいうとDNA

 

親に似るのは、親からDNAを受け継いでいるから

 

 

 

しかしながら、設計図は目に見えるものばかりではありません

 

 

 

それを因縁とか表現します

 

 

 

親の因果が子に移り

という諺があります

 

 

 

分かりやすい事例でいうと子供の虐待

 

最近、非常に多いように感じます

 

 

 

何故、自分の子供を虐待するのか

 

本人にも分からないのです

 

やってはいけないと分かっていても、やってしまう

 

 

1つ、はっきりしているのは、

子供を虐待する親は、子供の頃に親から虐待された経験を持つこと

 

 

 

同じことを繰り返しているのです

 

 

何故、繰り返してしまうのか

何故、分かっていながら制御できないのか

 

 

 

親の因果が子に移り、の諺通り

因果なのです

 

 

 

設計図の中に虐待が組み込まれているのです

 

 

 

設計図の通りに展開しているだけ

だから、自力では制御できない

 

 

 

親の因果が子に移り

 

これは原因と結果の法則が影響しています

 

 

原因と結果の法則とは、

 

原因から結果が生じ、その結果が次の原因となってそこから結果が生じ、その結果が更に次の原因となって結果が生じる

 

図で表すと

 

原因→結果

   原因→結果

      原因→結果 

 

 

 

この法則に従い、同じことを何度も繰り返すこと

 

これを因果の流転といいます

 

 

 

歴史は繰り返す、も同じ

 

原因と結果の法則なのです

 

 

 

続きはまた次回・・・

 

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

満月の法則

満月の法則

 

 

 

提供メニューのご案内 フリー講師・プロカウンセラーである私は現在、以下のメニューを提供しております。 ①個人セッション(カウンセリング) 人間関係、悩み苦しみ、恨み辛み・・・ 現代人は多くの心の問題を抱えています。 そんな彷徨える心、救います! 心を明るく軽くして、楽に生きられるように誘います。 15,000円/時間 セッションは基本的に、東京駅近くの「シャングリ・ラホテル東京」のラウンジにて行います。 地上28階からの眺望を楽しみながらのセッションです。 ※飲食費は各自で負担 ②セミナー講師 お打ち合わせのうえ ⇓私のホームページです http://mangetsu-new-world.jimdo.com/