恨みが消えた!殺意が消えた!

恨み辛みは消せる 殺意は消せる そんなこと本当にできるのです。私自身、以前は恨み辛みの塊で、おまけに強烈な殺意まで抱いていました。そんな私だったのですが、本当の自分に目覚めることで、すっかりと消えてなくなったのです。この体験を多くの人に伝え、彷徨える人の心を助けるべく、ブログを始めました。

人を「欠けている」存在と見ていないか

私たちは人を見て「あいつはダメなやつだ」「あいつのここがなっていない」などと、欠けている人間だと判断します

 

あるいは自分のことを、「ダメな人間」と判断していることもあります

 

事実、そのようにしか見えないかもしれません

 

でも、それは自分の基準で判断したまでで、実際のその人とは何の関係もないのです

 

判断基準は全員違います

よって、判断は全員違ってくるのです

 

同じ人を見ているのに、「あの人はいい人だ」と判断する人がいる反面、「あいつはとんでもない奴だ」と判断する人がいるのです

 

いずれにしても、当の本人とは何の関係もない

本当のその人を捉えているわけではないのです

 

 

人と何と捉えるか?自分を何と捉えるか?

 

本当の自分とは?本当の人とは?

 

この肉体?

 

肉体が本当の自分だとしたら、死んだらそれで終わり

生老病死という苦から逃れられない

特に死は大きな苦痛、大きな恐怖です

 

あるいは心?

 

心が闇の人は、闇が自分の正体ということになります

心病んでいる人は、病んでいるのが本当の自分ということになります

これで、自分に希望を持てるのでしょうか?未来に希望を持てるのでしょうか?

 

 

どちらも違うのです

 

肉体も心も、本当の自分ではない

本当の人の正体ではないのです

 

心のその奥に、何一つ欠けていないまん丸なもう一つの体があります

 

それこそが本当の自分

本当の人の正体

 

まん丸は、完全で永遠の存在

 

本当の自分、本当の人は、何一つ欠けていない存在

 

自分の目には欠けているようにしか見えなくても、本当のその人は何も欠けていない

 

私の師は、自分の目で見えること、欠けて見えることを、三日月に例えます

目では見えないけれど、本当のその人のことを、真ん丸な体を満月に例えます

 

 

「自分の目には三日月にしか見えないけれど、実際のその人は何一つ欠けていない満月」

 

では、目には見えないものを、どうやって捉えればいいのか?

 

それに対し、私の師は、「前提に置く」と説きます

 

「三日月に見えようと満月、という前提を置く。そして、何があってもこの前提を押し通す」「これができたら世界が変わる」と説きます

 

何があっても、満月前提を押し通す

そうすることによって、やがて満月が現れてきて三日月は消えてなくなる

 

同時に自分自身の中にある、自分の満月も現れる

そのとき、自分の三日月、つまり欠けていると思っていた自分が消えてなくなる

 

これが「満月の法則」

 

この方法で、人間関係が好転する

この方法で、人は蘇る

この方法で、過去が変わる

この方法で、今が変わる

この方法で、未来が変わる

そして、この方法で、世界が変わる

 

 

yamagishi-nippon.hatenablog.com

 

 

サンタさん営業ドロボー営業 お客様に好かれて成績が上がり続ける成功メソッド(新装版)

サンタさん営業ドロボー営業 お客様に好かれて成績が上がり続ける成功メソッド(新装版)

 

  

満月の法則

満月の法則

 

 

 

 

広告を非表示にする
提供メニューのご案内 フリー講師・プロカウンセラーである私は現在、以下のメニューを提供しております。 ①個人セッション(カウンセリング) 人間関係、悩み苦しみ、恨み辛み・・・ 現代人は多くの心の問題を抱えています。 そんな彷徨える心、救います! 心を明るく軽くして、楽に生きられるように誘います。 15,000円/時間 セッションは基本的に、東京駅近くの「シャングリ・ラホテル東京」のラウンジにて行います。 地上28階からの眺望を楽しみながらのセッションです。 ※飲食費は各自で負担 ②セミナー講師 お打ち合わせのうえ ⇓私のホームページです http://mangetsu-new-world.jimdo.com/